バイトをすると、いろんな特典を得ることができます。まず、1番大きな特典は、友達や恋人ができる!という点です。私もいろんなバイトをしてきましたが、10年以上も付き合っているバイト仲間が未だにいます。バイトという同じ境遇の中で、切磋琢磨しているとすぐに友達になってしまうのです!

 

学校やその他の場所よりも、バイト仲間のほうが仲良くなりやすい!という傾向が強いのです。また、恋人もできることが多いのです。バイトという限られた空間の中で時間を共有していると、どうしても親しみ深くなってしまうのです。新人のバイトに仕事を教えることで、お互い意識しあうようになる・・・というケースも多いのです。

 

バイトをする一番の特典は人との出会いだと思います。2つ目の特典は、いろんな仕事の内情を知れるという点です。バイトといえど、仕事の第一線で働くことになるのです!つまり、バイトが1番仕事を身体で覚えるのです。バイトという肩書きはあるものの、やっている仕事は正社員と同じなのです。

 

だからこそ、自分が将来やってみたい仕事や、ちょっとでも興味を持っているバイトを選んで欲しいのです!その経験が本当に将来の仕事に結びつくケースが多いからです。将来、就職する際に、バイト経験があるのとないのとでは雲泥の差があるのです。学生時代は、時間が無限にあるので、1つでも多くのバイトを経験しておきましょう!

 

続きを読む≫ 2014/02/05 10:57:05

録画した映像を後で見てみると、自分のダメな点が見えてきます。いくら家族や友達に面接官役をしてもらい評価してもらっても、抜けている部分は必ず出てくるのです。

 

そういったアドバイスも大切ですが、最後は、自分自身で自分の力をチェックして辛口で評価してみることが最も大切なのです。映像化された自分の面接の仕方を見ることで、普段なら絶対に気付かなかった悪い癖や習慣などを見つけることができるのです。

 

しかしながら、癖や習慣は意識していても、すぐに直せるものではありません。ましてや、面接の本番は緊張感が最高潮まで達してしまうので、そうなると悪い癖が出てしまうことがあるのです。まずは、映像をみて、貧乏ゆすりをしたり、指や手を落ち着き無く動かしたり、言葉の癖などもチェックしてみましょう。

 

そして、改善したほうが良いと思う部分は、紙に書き出して次回のシミュレーションの注意点として心にとめておきましょう。そして、何度も面接のシミュレーションをすることで、どんどん悪い部分がなくなって理想的な面接の受け方が見えてくるのです。

 

しかし、注意も必要です。自分だけが完璧だ!と思っていても、実際は、抜けている欠陥がたくさんあったりすることがあるので、できるだけ社会人の多くの人に映像を添削してもらいましょう。

続きを読む≫ 2014/01/28 10:55:28